Q&A

Q1 成年後見人制度とはなんですか?

判断能力が衰えてきたお年寄りなどを援助する制度です。

成年後見制度とは、判断能力が衰えたお年寄りなどを援助するための制度です。

すでに、判断能力が衰えたお年寄りなどを援助するための制度が「法定後見」制度です(判断能力の程度によって「後見」「保佐」「補助」の3類型がありす。家庭裁判所が後見人を選任します)。
将来、判断能力が衰えた場合に備えて後見人候補者を決めておく制度が「任意後見」制度です(後見人候補者はお年寄りご本人が指定します)。
後見人は、判断能力の衰えたお年寄りが安心して生活できるように、いろいろな援助を行います。

ペアサポートは成年後見制度を利用して、お年寄りの権利と生活をまもるために設立されました。

Q2 後見人とは何をするのですか?

「財産管理」と「身上監護」に分かれます。

後見人の仕事は、大きく分けて、「財産管理」と「身上監護」に分かれます。
お年寄りの大切な財産が、だまし取られたり、紛失しないように、後見人がしっかりと「財産管理」を行います。
また、後見人は「身上監護」として、介護サービスや入院などの手配をお年寄りに代わって行い、ご本人らしく穏やかに老後をすごすことができるように見守ります。

ペアサポートでは、弁護士と社会福祉士がペアとなって後見人の仕事を行いますから、それぞれの専門分野で力を発揮します。

後見人は誰がなるのですか?

ペアサポートでは法人が後見人になります。
ペアサポートでは、個人が後見人になるのではなく、法人が後見人になります。
個人が後見人になった場合、後見人に病気や事故があったときは、後見人が不在となり、あらためて後見人を選び直さなければなりませんが、法人が後見人であれば、そのような心配はいりません。

ページのトップへ